ジャグリングのやり方。

ジャグリング初心者向け・入門者向けの解説。基本技、応用技、パフォーマンスのやり方まで説明しているジャグリング講座です。

【練習場所探し】音楽スタジオでジャグリングを練習しよう!

f:id:ta423:20200224003802p:plain

ジャグリングの練習場所が無い!そんな時にオススメなのが音楽スタジオです。スムーズな利用の為に、その手順をまとめておきます。

音楽スタジオで練習していいのか?

音楽スタジオはギターとかベースとかいうあのオシャレな(インキャな?)音楽青年たちが利用する場であって、ジャグラーなんていうダサい人種はお断りなんじゃないかと恐れを抱きます。

しかしながら、最近の日本経済は決していい状況ではありません。消費者の財布の紐は硬くなっています。予約状況がガラガラということも。音楽スタジオはジャグラーに来て欲しいのです。

試しにGoogleMapで「音楽スタジオ」でググってみましょう。都心に住んでいる人は家の半径3キロ以内に大量の「音楽スタジオ」を見つけることができたと思います。早速予約してみましょう。

予約の手順

予約状況チェック

音楽スタジオは、ワンフロア丸ごとの場合もありますが、大抵は大小様々な部屋が10個ぐらいあります。

音楽スタジオのホームページを見てみると、多くのサイトで部屋ごとの「予約状況」を確認することができるようになっています。

電話で予約する

利用したことがある場合はネット予約でいいと思いますが、初回の場合は電話をしたほうが無難です。ジャグリングを練習してもいいか分からないですし、まず挨拶しておけば、これから毎日のように顔をあわせるのに話が早くなります。

電話で達成すべきタスクは以下の2点です。

  1. 希望日時と希望の部屋を予約したい旨
  2. ジャグリングを練習しても良いかの確認

1はともかく、2は少し工夫が必要だと思います。

例えばボールを練習したいだけなら「布製のボールを使ってジャグリングを練習しても良いか」といことを確認できれば十分だと思います。

もしクラブも練習したいなら、受付してもらう時に道具を見せて「今日は練習するつもり無いんですけど、もしやりたい場合はこういう道具は練習可能でしょうか」みたいな聞き方のほうが、無難だと思います。

受付

初回は10分前ぐらいに来てくださいと言われることが多いです。

スタジオに入ったら、「予約したxxです」という感じで声をかけましょう。

利用規約の説明などがあります。ジャグラーは個人事業主として生計を立てていくことが多いと思いますので、こういう利用規約はしっかり読みましょう。自分がどんなルールにいつサインをしたのかきちんと把握し、控えももらうのが大人のやり方です。疑問点があれば質問し、理由を説明して契約しないことも大切です。

私が先日いったスタジオでは、長い長い利用規約を熟読したところ撮影は許可が必要となっていたので、「フォームを確認したり、もしかしたらYoutubeにアップするかもしれない」という説明で、撮影許可をいただきました。幸いYoutubeにアップ可能でしたので安心。

音楽スタジオ利用のメリットとデメリット

対応が素晴らしい

音楽スタジオは競争が激しい業態ですから、サービスの良さを売りにしている会社がほとんどだと思います。不快な思いをしたら2度と来ないし、バンドメンバーごと顧客を失うでしょう。地域密着型で、リピートしてもらってナンボのビジネスです。いつも気持ちよく迎え入れてもらえます。

天井は低い

雨風凌げますが、天井は低い場合がほとんどです。物事は試行錯誤が大切です。自分への投資だと思って、たくさん回って天井の高いところを探しましょう!

快適な練習環境

エアコンも使えるし鏡もあるし、もうなんでも最高のコンディションで練習できます。かっこいい自分に酔いしれるのもOK。ヘンテコな動きを追求してもよし、ダンスをしてもよし。24時間営業の店も多いです。頭おかしい人なら大好きな深夜練に最適です。寝ないで一晩中ジャグリングしましょう。

とにかく集中して練習できる

店にもよりますが、人目を気にしないで練習できます。自分の中に深く深く降りて、ジャグリングにおける可能性を追求できます。ディープな精神状態を味わえます。雰囲気が良いので、創造的になります。

利用料金が安い

個人練習で1時間600円ぐらいから使えることが多いです。バンド練習と違って、個人練習だと破格に安い価格設定になっている場合が多いです。

以上です!

音楽スタジオは、天井が低い以外になんの悪いこともありません(それが致命的かもしれません)。

店によって「ジャグリング」への反応がかなり違うので、とにかく件数回ることが大切です。天井ある程度あって「クラブも練習して良いですよ」と言ってくれる上にドラムとかアンプとか外に出しておいてくれる店もあります。

音楽スタジオは7ボールや5クラブを練習するには不向きですが、集中してコンタクトボールを練習したり少ない個数で体の使い方を研究したりするには十分な練習環境だと思います。ぜひぜひ使ってみましょう!

ジャグリングのやり方 by JugglerSaru.
当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。