ジャグリングのやり方。

ジャグリング初心者向け・入門者向けの解説。基本技、応用技、パフォーマンスのやり方まで説明しているジャグリング講座です。

理想的なジャグリングフォームとは? ボールの制球や、指先・手指、前腕の感覚。

f:id:ta423:20181015165503j:plain

Twitterでいろいろ質問をいただいたので、まとめてみたいと思います。

ジャグリング初心者の悩み

私はカルチャースクール、初心者向けワークショップ・体験コーナーなどで初心者向けにジャグリングの講師をやってきました。

初心者によく相談をされるのが、「ボールの前後の感覚が掴みづらい」とか「ボールが前に飛んでいってしまう」という内容です。

こういう時に私は、「壁を前にして練習すると良いですよ」とか、「わざと狭い場所で練習してみるといいですよ」とかアドバイスをしています。

 余裕がなければボール1個や2個に戻って練習しなおしたほうが良いです。カスケードをしていて余裕がないのはボールの動きに体が追いついていないということもあると思います。

 

 

制球と指先の関係

「前に飛んでいってしまわないように指で壁を作るイメージ」というのをどこかで読んだことがあるのですが、もうちょっと深掘りすると、ジャグリングのボールコントロールにおいて手指の感覚は重要なのかということだと思います。

少し調べたら、こんな記事が出てきました。

どの身体部位の動作貢献度が高いのかは定かではないが,手・指の動作がボールコントロールに影響を与えていることは容易に予想される。リリース動作中の示指,中指の屈伸角度については,捕手捕球位置垂直成分との関係は認められなかった。(引用元

野球とジャグリングでは投げる方向が違いますが、野球のほうが広く研究されているので参考になる記事が多いですね。

この記事によれば、手首の角度はけっこう重要みたいです。

経験的に言ってジャグリングでボールを投げている時は、薬指への負担が大きいと思います。かといって指先に力を入れすぎては、小さな筋肉なので長時間の練習に耐えきれず、故障(腱鞘炎、バネ指など)につながると思います。

また、体から遠い指先や前腕の筋肉だけでコントロールしていては、フォームの安定感も劣ると思います。力を入れすぎず、体はしなやかに使ったほうが良いでしょう。

理想的なフォーム

完璧なフォームで投げるジャグラーと言ったらAnthony Gattoだと誰もがいうと思います。

この動画の22秒〜40秒あたりが非常に参考になります。複数の視点で撮影されており、しかも裸なのでどこの筋肉を使っているのか良くわかります。

Anthony Gattoは上半身全体の筋肉を非常にバランス良く使っています。腕のフォームで言うと、横の動きよりも縦の動きを意識しているように思いますね。ボールをキャッチして素早く前腕を下げて(元の投げる位置に戻して)、投げ上げると言う感じです。

身体構造は非常に複雑なので一口には説明できませんが、投球には広背筋や三角筋なども大きく関わっています。

始めのうちは手先の感覚に集中してしまいがちですが、慣れたらこのように上半身全体を、体全体を上手に使ったフォームへとしていくことが大切ですね。

結論

あとは使用しているボールによっても使い方が変わってくると思います。

この動画の5:42から10ボールのマルチカスケードを見ることができますが、このようなジャグリングになると、かなり特殊なフォームになります。

結論、まだまだ最先端のジャグリング理論は研究中の分野なので、「うまい人に聞く」のが一番良いと思います。できればWes PedenとかAnthon Gattoみたいな最先端をいくジャグラーに思い切って質問してみて、トライアンドエラーを繰り返しましょう。

どの道具が良いのか? どんなフォームやスタイルでやるべきなのか? 自分の目指しているスタイルに近いジャグラーに聞いてみる。それが一番よいと思います。

ジャグリングのやり方 by JugglerSaru.
当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。