ジャグリングのやり方。

ジャグリング初心者向け・入門者向けの解説。基本技、応用技、パフォーマンスのやり方まで説明しているジャグリング講座です。

ジャグリングをやっていて辛いこと

f:id:ta423:20171213234136j:plain

 

始めたばかりは楽しいだけだったジャグリングも、長く続けているといろんな局面に遭遇しますよね。そんな辛い時にはこの記事を呼んで励みにでもしてください!(笑)

 

 

しんどい練習

毎日の練習は辛くて大変です。雨の日も風の日も、体育館がお休みの日も、僕たちはなんとか家から出てジャグリングをしなければなりません。誰もが自宅練習場を持ったり、サークル活動に気軽に参加したりできる環境ではないでしょう。辛くても僕たちはジャグリングをしに、今日も出かけなければならないのです。

お金にならない

この辺は考え方ですけど、例えば中高で水泳部にでも入っていれば、その辺のスイミングスクールに働き口が見つかります。大抵のポピュラーなスポーツ、語学などはこうやって潰しがきくものです。ジャグリングに関して言うと、あまり期待できません(笑)

どちらかというとジャグリングそのものとは関係なく、ジャグリングで知り合った人たちと、楽しいこと面白いことがあるかもしれませんね!

 

 

★ジャグリング★ロシアンボール スターター(3個セット)●101044815A

★ジャグリング★ロシアンボール スターター(3個セット)●101044815A

 

 

 

痛む背中、重い腕

僕も全力で7ボールを練習していた時には苦しんだものですが、とにかく背骨の周りの筋肉がギシギシと痛みます。筋肉がつきすぎると腕が重たいので、ゴリラのような歩き方になります。

僕たちの祖先は外を歩き回っての狩猟採集生活をしていたらしく、進化のスピードは現代生活に追いついていないらしいです。ジャグリングをやっている姿勢というのは無理があるんでしょうね。人間はジャグリングをするようにはできていません。

どこまで行っても自分は自分

どれだけ練習しても、どれだけうまくなっても、自分の身体的な限界からは逃れられません。WES PEDENのように背が高くて、逞しい筋肉があるわけでもありません。長い手足も、小さくてスリムな頭もありません。うわー所詮はアジア人(弥生人)がいくら頑張ってもジャグリングで勝てねーじゃん! そんなこと考えちゃいますね。(笑)

実際には日本人でもすごくかっこいいジャグラーがたくさん(?)いますけどね!

まとめ

何でも始めたばかりは楽しいもので、成長曲線が緩くなるにつれて、僕たちはそれがいつの間にか楽しくなくなっているものです。辛いことってたくさんあると思いますけど、この時期を乗り越えられたら良いですね!

ジャグリングって実りこそ薄い行為ですが、でも良い感じに人生の儚さを感じさせてくれますよね! 今日もただこのジャグリングという無意味な行為を楽しみましょう!

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。