ジャグリングのやり方。

ジャグリング初心者向け・入門者向けの解説。基本技、応用技、パフォーマンスのやり方まで説明しているジャグリング講座です。

クラブの基本技〜応用技(動画有り)、道具の選び方。

今まで手薄だったクラブジャグリング講座を充実していきます。

前から撮りためてはいたんですが、どうしても撮影場所を選ぶので撮影しにくいのがクラブです。

動画を2つ撮りましたので、この記事で紹介したいと思います。1つめの動画は初心者〜初級者向け、2つめの動画は初心者〜中級者向けです。

動画(1)初心者〜初級者

 紹介している技

  • カスケード
  • ダブルスピンカスケード
  • シャワー
  • ツーインワンハンド
  • 1アップ2アップ
  • キックアップ

カスケードができるようになったら、1〜2ヶ月はこの辺の技を練習しましょう。

基本的に当面はダブルスピンの練習になるかと思いますが、意外と難しくてなかなか安定感が掴めないと思います。

4クラブファウンテンや5クラブカスケードをやるためにも、大切な練習ですのでダブルスピンはしっかりと練習しましょう。

キックアップは足の位置がなかなか掴めないと思いますが、ボールのキックアップと基本的には同じで、踵から蹴り上げる感じですね。

いずれにせよ、ボールよりもはるかに難しいことは間違いありません。

動画(2)初級者〜中級者

もう少しできるようになったら、このような技も練習してみてください。

足の下、腕の下は比較的簡単にできると思います。

スイング系は単発で、まずは1本、1回から練習しましょう。

紹介している技

  • 足の下
  • 腕の下
  • スイング(名称不明)
  • チョップ
  • フラリッシュ

おすすめ道具ドルフィンクラブ

ちなみに動画ではドルフィンクラブのロングを使っています。

ピルエットクラブのような装飾のついたクラブは綺麗ですが、外での練習で簡単に傷が付いてしまいます。PX3クラブは、"しなり"が気になるので私は使っていません。

ドルフィンクラブは無駄を省いたシンプルな作りで、ジャグリングクラブの中でも比較的値段が安く、コスパが良くて扱いやすいクラブですね。

ヘッドが外れやすいので、ときどき瞬間接着剤でくっつけてあげています。

色がごちゃごちゃしているより、単色で揃えたほうがやりやすいです。

 

ドルフィンクラブ(ロング・ショートタイプ) NRC-28 色:白
 

 

まとめ

以上になりますが、クラブは大きくて見栄えのする技をやってこその道具ですので、基本的にボディスローやスイングなどを中心に練習していくことになると思います。

パフォーマンスとしては、ボディスローや5クラブカスケードなどわかりやすい技を取り入れることが多いですね。

ヨーロピアンスタイルになるとかなり複雑な動きをやりますが、動きを計算して作っていかないとなかなか綺麗なシーケンス(一連の連続した動き)を作るのは難しいです。

ぜひ色んなバリエーションに挑戦してみてください。

 

まだカスケードができない人は、こちらの記事の動画をみて、クラブの基本的な扱い方を覚えてください。

juggler.hateblo.jp

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。