ジャグリングのやり方。

ジャグリング初心者向け・入門者向けの解説。基本技、応用技、パフォーマンスのやり方まで説明しているジャグリング講座です。

【ボールジャグリング】1アップ2アップ(ワンアップツーアップ)のやり方

f:id:ta423:20181231203631p:plain

大道芸のジャグリングで頻繁に目にするテクニックで、ボールを1個2個の順番で交互に投げ上げる、非常にわかりやすい技です。 

動画

※Youtubeでジャグリング講座を始める際にスマホで試し撮りしてアップしたものです。少し見辛いところがありますがご了承ください。

練習のポイント 

1アップ2アップは、片方の手はツーインワンハンドをしていて、もう片方の手から残りの1個を同時に投げているだけです。見た目ほど複雑な技ではないので、しばらく練習すれば必ずできるようになるでしょう。

これができるようになると4個のジャグリングに繋がっていきます。

①まず片手で2個の練習をします。(ツーインワンハンド)

基本は内側から投げ、外側で取る。

カスケードに慣れていると少し難しいと感じるかもしれません。

両方の手で出来るようにしましょう。

(安定して出来るようになるまでは、少し時間がかかるでしょう) 

②真っすぐ上に投げる練習をします。(コラムス)

2個のボールが真っすぐになるように、投げる練習をします。

ボールの位置は入れ替わりません。

両方の手で出来るようにしましょう。 

③外側のボールを投げる時、もう片方の手からも一緒に投げる。(1アップ2アップ)

まず2個同時に投げる練習をしてみるといいかもしれません。

真ん中のボールは、左右の手で交互に取るようにします。

(なので片方の手は1回休みです。)

これで1アップ2アップの完成です。

1アップ2アップ応用技

このように様々なパターンで投げることができます。他にも応用技がたくさんありますので、ぜひ挑戦してみてください!

 

www.youtube.com

www.juggling.work

ジャグリングのやり方 by JugglerSaru.
当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。